【無料】みんな使ってる!イマドキキャバ嬢の必須アプリ♡

キャバ嬢にとって必須と言えば「顧客管理アプリ」

キャバ嬢でもキャバ嬢じゃなくても、今の時代スマホを持ってる人がほとんど。特にキャバ嬢は自分の常連さんは自分で管理する人がほとんどだから、常連さんの情報をノートや手帳にまとめてる人も多いです。

でも最近では、キャバ嬢の為に作られたようなアプリもたくさんあって、顧客管理ができるアプリを使えば簡単に記録できるんです!

今でもスマホで記録するよりノートの方が見やすいって手書き派の人も多いし、それは否定しません。あたしも最初は手書きはやったんやけど、スマホを買い換えた時に試しにスケジュールアプリを使ってみたらすごく管理が楽!まずはそのおすすめの顧客管理アプリを紹介します。

スイート手帳

スイート手帳はキャバクラで働く女の子の為に作られた顧客管理アプリ。ボタンひとつでタバコや年齢などのお客さんの情報や会話の内容を書き込んだり、その人がどれだけお金を使ったかを五段階でメモしておくことができます。

自分が接客したお客さんの基本情報の確認はもちろん、来店した日付や同伴予定なんかもスケジュール帳みたいに管理できて、その同伴予定やお客さんの誕生日をスマホで通知してくれるから、遅刻や連絡の送り忘れも無くなります!

夜蝶Diary

実際に今もあたしが使ってるアプリはこれ。お客さんの情報を細かく記録できるんですけど、その項目数がすごい!見た目や性格もそうですけど、連絡先や支払い方法、好きな飲み物も全部記録できます。

一緒に来た人の情報や家族構成も記録できるので、同じことを2回も聞いてしまうようなことはありません。

キャバ嬢として接客する上で、お客さんのことをちゃんと覚えておくってすごく重要なこと。完全に記憶できなくても、メモすることを忘れなければまた次来店した時見返せば良いハナシ。

さらに売り上げも記録しておけばそのお客さんが自分の為にどれだけお金を使ってくれたかも簡単に記録できます!

SNS映えを狙える「盛れるカメラアプリ」

今の時代TwitterやInstagramなどのSNSはキャバ嬢にとって大事な情報の発信源。出勤情報やお店の宣伝、お客さんの興味を引く為のプライベートの発信が簡単にできます。

その上で自撮り写真をアップすることも多いです。その時に役立つのが盛れるカメラアプリで、可愛い自撮り写真をアップすれば「会いたい」と思わせられる可能性がアップします!

そんな自撮り写真を自然に可愛く加工できるカメラアプリのおすすめについて紹介しますね!

BeautyCam

可愛いフレームやスタンプが多いBeautyCamは、定番のSNOWとは仕上がりの雰囲気がちょっと違うので、他の女の子と差をつけたい人におすすめ♪肌を綺麗に見せたり、鼻を細く見せる加工もできるから10割増しで盛れます!

あえてスタンプなしで自然に可愛く盛るのもOKですし、スタンプで思いきり可愛くデコるのも◎。その投稿に合わせて加工の方法を変えられますよ!

キャバクラはお客さんのほとんどは男性なので、ガンガン加工しまくって顔の原型なくすよりも、自分の面影残すくらいのナチュラルな加工の方が絶対良い。程よく盛って実際会った時のギャップを減らすと好印象ですよ!そして輪郭やパーツで気に入らないところがあれば、スタンプで隠すのがあたしの常套手段(笑)

kirakira+

kirakira+は有料アプリではあるけどその分加工機能は別格。アプリの名前通り写真を自然にキラキラさせてくれます!キャバクラの中でドレスを着て取った自撮りをキラキラさせると、すごく綺麗に盛れる!

自分だけじゃなくて、お客さんにもらったプレゼントとか、自分以外のものをアップする時もkirakira+で加工するだけですごく高級感が出て、写真の映え方が全然違います。

しかもkirakira+は写真だけじゃなくて動画もキラキラに加工してくれて、その方法もすごく簡単。インスタに綺麗な動画をアップしたい時も使いやすいです!

ゲームだからって侮れない「酔わせてキャバ嬢3」

顧客管理や加工アプリと合わせて、あたし個人としてはすごくおすすめなのが「酔わせてキャバ嬢3」っていうゲーム。無料のゲームアプリで、自分がお客さんとなってキャバ嬢を口説くゲームなんです。

出てくるキャバ嬢のキャラクターや会話は現役キャバ嬢監修。

キャバ嬢との会話で恋愛ゲームみたいに選択肢が出てきて、それによって好感度を上げられるんですけど正直最初は面白半分で始めました。けれど、キャバクラのシステムや会話の内容がかなりリアル!接客やトークの参考になりました。

キャバクラ未経験の女の子でも、プレイすれば少しキャバ嬢の世界がどんな感じなのか、売れるキャバ嬢がどんな接客をしてるのかを知れるきっかけになります。まあ、全部がゲーム通りに行くわけないっていうのは理解した上で、ですけどねww