憧れのキャバ嬢へ!キャバクラに興味があるならまずは面接へGO

キャバクラの面接で必要な持ち物

キャバクラで働く。その覚悟と勇気を持ったら、働きたいお店の面接に行きましょう!

キャバクラで働く時は、お試しで1日だけ働くことができる「体験入店制度」を利用するのがおすすめで、大抵は面接を受けて、受かったらその日のうちか後日に体験入店ができます。

まずはキャバクラの面接で必要な持ち物についてリストアップします!

【キャバクラの面接で必要なもの】

身分証明書(住民票や免許証をコピーしておくとさらに◎)

・・・たったこれだけ。身分証明書が無いと法律的には女の子を雇うことができないので、求められるのは当たり前のこと。大抵面接の時に持ってくるように言われます。

他に履歴書を求められる場合もあるけど、履歴書不要のキャバクラも珍しくはないです。

逆に身分証明書もいらないって言われたら、違法な経営をしてる可能性があるからちょっと怪しんだ方が良いかも。特に体入の時もいらないって言われたらますます怪しい・・・。

コピーしておくとお店側の手間も無いので、さらに印象が良いですよ!

とはいえ、これは「面接」に必要なもの。受かったその日のうちに体験入店をする場合はさらにこれらの持ち物が必要になります。

【体験入店に必要なもの】

ライター

ハンカチ

キャバ嬢として働く上での必須アイテムなんですが、ドレス類はお店でレンタルできてもさすがにこうした小物類までレンタルできることは少ないから、持って行っておく方が無難。

あとお店によってはライターとかを入れるクラッチバッグや、ドレス用のハイヒールは自前を用意しないといけない場合もあります。その日のうちに体験入店できるお店に面接に行くなら、事前に体入の持ち物の確認を取っておくのも忘れ物がなくなるからおすすめ!

他にも持ってくるものを指示されたら、その指示通りのものを用意しておくとスムーズに体験入店まで進むことができます。

キャバクラの面接で聞かれること

持ち物を用意したらいざ面接!キャバクラで聞かれることはほとんど決まっていて、だいたいが働いてからのこと。まずは聞かれることで特に多い3つについて紹介しますね。

【キャバクラの面接で聞かれること】

キャバクラで働いた経験はありますか?

週にどれくらい入れますか?

どうしてキャバクラで働こうと思ったんですか?

たいてい聞かれるのはこの3つ。むしろあたしはこれ以外のことを聞かれたことはないですw

そのそれぞれの質問の目的と回答例を紹介します!

キャバクラで働いた経験はありますか?

キャバクラは独特な接客スキルやルールを覚える必要があるから、それを教える必要があるかどうかを知るためにほぼ100%聞かれます

ここで「経験がない」と言っても特別悪い印象にはなりません。むしろ嘘をつく方が後々接客の方法を教えてもらえずに自分が困ることになるので、正直に経験がないことを伝えましょう!

週にどれくらい働けますか?

シフトを組む上で大切なこと。できるだけ多い日数を答える方が印象は良くなります!特に金曜日とか、お店が忙しくなる日も働ける女の子はお店側からも大切にされます。

目安としては週4日とかかな。逆に未経験で週1、2日から〜となると、ちょっとマイナスになるかも・・・。

別の聞き方で、「週(月)にどれくらい稼ぎたいですか?」と聞かれることもあるから、シフトだけじゃなくて自分がどれくらい稼ぎたいのかも想像しておくのがおすすめです!

どうしてキャバクラで働こうと思ったんですか?

大抵のバイトで聞かれる志望動機。聞かれないお店もあるけど、聞いてくるお店もゼロではないです。「給料が高いから」でも良いですけど、正直見た目がかわいい子か、お店に人が足りなくて本当に誰でも雇ってるような状況でない限りは落とされる可能性も。

キャバクラはお金目当てで働き始める女の子が多いですけど、計画性が無いと「すぐ辞めそう」と思われてしまうことも多いので。同じお金を理由にするにしても「学費を稼ぎたいから」「将来のためにこれくらい貯金をしたいと思ってるから」と、そのお金をどうしたいのかを答えると好印象です!

正直、お金目的以外でキャバ嬢を目指す女の子って少数派ですからね。

キャバクラの面接で落ちる人の特徴

「未経験OK、学歴不問」とキャバ嬢の面接はハードルが低いようにも見えますよね。でも、キャバクラの面接は落とされることだってあります。

あたしの働いているキャバクラにもちょいちょい面接に来る人がいるけど、やっぱり100%受かってるわけじゃないです。そんな面接で落ちる人の特徴をまとめるとこちら!↓

【キャバクラの面接に落ちる人】

面接なのに身だしなみが適当な人
なんとなく給料が良さそうだから来た人

この2つに尽きますね。キャバ嬢は見た目が勝負な仕事なので、身だしなみを整えるのは必須!すっぴんや適当な髪型で来るのは絶対NGです!

キャバ嬢として合格するために、濃いめのメイクと軽いヘアセットはして行った方が良いですよ。ヘアセットは巻き髪が無難ですね。

特にキャバ嬢はドレスを着る分スタイルも重要なので、自分のスタイルが良く見えるような服装や靴を選んで行くとより落とされにくくなります!

ネイルも長〜いスカルプネイルとまではいかなくても、軽く綺麗なネイルはして行った方が、体験入店でドレスやヘアメイクをしてもらった後でも浮かなくて済みます。ドレスをレンタルするつもりなら、どんなドレスでも合うように靴やネイルは無難な色にしておいた方が良いですね。

まとめ

面接で聞かれる質問でのNG回答のように、とりあえず時給が良いからキャバ嬢になりたいとか、お金や働き方に対して適当な考え方の人も落とされる可能性があります。なので面接ではちゃんと真面目にキャバクラで働けることをアピールすることが重要!

「適当な人を雇ってくれるのは適当な店しかない」と、これは昔ミナミで働いてたキャバクラのマネージャーの言葉。キャバ嬢として真面目に長く働きたい!と思うなら、面接にもちゃんと準備していって、働きたいお店でしっかり働くところから始めましょうー!

面接を受けたキャバクラで本格的に働く前に体験入店っていうシステムがあります!カンタンに言えばお試し期間ってやつです!

働きやすさとかお客さんでどんな人がくるとかが、体験入店でわかると思います!ここにきて体験入店の重要性が分かります!体験入店についても書いたので、ぜひチェックしてみてねー!